<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

touta. 布ナプキン 〜布ナプキンを通じて考える子宮の健康〜

 touta.さんの布ナプキンを、お取り扱いさせて頂ける事になりました! 
 
 布ナプキンは少しずつ浸透していて、知っている方、すでに使っている方もいると思います。
今回は、frowilloでtouta.布ナプキンを扱うようになったまでを、書いてみようと思います。
b0181622_20394462.jpg


>肌が弱いので、市販の紙ナプキンでは気触れたり、痒くなったりしていました。
>そしてあの、不快感。安いのを選んで使っていたので、ベタッとした感じ。。
>特に引っ付いてしまったり、ちょっと端っこがやぶれたのが当たってもぞもぞ感。
>いいやつを買えば違うのかもしれないけど。。どうせ捨てるし、お金をかける気になれない
>生理中さえ 我慢すれば。。
>そういえば、私は布おむつで育ったらしい。紙おむつだと気触れて、1時間と着けていられなかったと
   母が 嘆いていた。


 そんな時、アースデイ等で、ちょくちょく布ナプキンを見かけて、
>家だけなら出来るかなあ??  出掛ける時は絶対無理。持って帰るなんてあり得ない。
>洗うのも面倒。血液って落ちないし。。。

 でもそこで、紙ナプキンを作る行程で使う薬品や、紙ナプキンそのものが石油原料の
科学製品が使われており、体に影響しているかもしれないこと(今は無漂白コットン製の
ありますね)、布ナプキンは温かいよと言われ、半額だったので購入。

>確かに快適。でも、もれそうで不安。
>持ち歩くのは面倒だな。
>暖かいわよって、冷えてるかな? 別に冷たいって思ったことないけど。
>洗うのも、血液ってなかなか落ちないから。。面倒だな。


 しばらくして、touta.に出会いました。あまりに肌触りのいい布でオーガニックコットンな事と、
かわいさ、何よりもコンセプトに惹かれ数点購入。
>これはいい! でも、家でだけかな。仕事や外出の時はちょっと。。
>やっぱり、持ち歩くのは面倒。。。


 今、お取り扱いを初めて、その後ちょうど生理がありましたが、touta.ハンカチナプキンを使いだ
したら、紙ナプキンを使う気になれず、ほぼ布ナプキンで過ごしました。自分でもびっくり。ただ、
2日目の外出だけ、紙ナプキンの上にスナップナプキンをして行きました。いつトイレに行けるか
分からないから。安心かつ快適!
 私はパイル生地がとにかく気にいってます。肌触りが、頬ずりしたくなるくらいいいんです。

 touta.布ナプキンは本当に快適でした。

>気触れない、痒くない。つけているのを忘れるくらい。
>言われた時は半信半疑でしかが、本当に暖かい! パイル生地は冬にはもってこい! 
>ワッフル 生地なら夏もムレズに快適そう。これはいい。
>どれにしようか、選ぶのも楽しい。
  今日は寒いし2日目だし、ワッフルパイルを2枚重ねて分厚くいこう!とか。
 もう終わりかけだから、パイル1枚でいいかなとか。
  今日はこの柄とか。水色のがいいかなとか。
>横漏れしない。布はつたい漏れはしないようです。
>そのかわり縦にどんどん染みていくから、2日目は4時間が限界(ワッフルパイル1枚で)。
>寝る時は、ハンカチナプキンL2枚+スナップナプキンL。お尻の方まで完璧にカバー。
>布どうしは、ずれない。ハンカチナプキンをポンと挟むだけ。でもずれない。
   (運動はしてないのでスポーツの時はわかりません)
>持ち歩くのも、何故か苦じゃなかった。zip lockに入れて締めれば匂いもしない。

>セスキウォッシュに浸けておけば、ほとんど落ちている。あとは洗濯機へ。
>外出時、重曹水のスプレーを持ち歩いて、交換する時血液の部分に一吹きしておけばよく落ちます。
 (よくハンズや無印などで売っている旅行用のスプレー容器に、重曹水を入れて持ち歩く)。


 生理が変わってくると聞いています。生理痛のひどい人は軽くなる、不順だった人はちゃんと周期が
戻ってくると言います。ある人は、

「ものすごく不順でいつ来るか分からないし、生理痛もひどかったのに、今は月の満ち欠けと同じ周期。
満月が近づいてくるとああもうすぐだなあっておもう(笑)。生理痛もずいぶん楽になったよ。あと、トイレに
行った時にまとまってドッと出るようになってびっくり。自然とコントロールできるようになってるのかも?
 ナプキンにも出てるけど、量はそうでもない」。

 これには驚いて、あまり信じてなかったんですが、touta.ナプキンを1度使ってみて、あり得るかもと
思いました。前よりも生理を自然な事として受け入れて、受け止めているように思えました。生理痛は
もともと軽いので分かりませんが、イライラや憂鬱が減りました。

 膣は粘膜です。舌下や直腸に薬を入れるのを知ってますか? 体表面では粘膜が一番吸収が早い
からです。ボルタレン座薬を見た事がありますか? あの固まりが5−10分で吸収されるんです。
粘膜吸収の早さを想像してみて下さい。紙ナプキンを作る行程で使われる薬品などが、膣粘膜から
吸収されるというのも、ない事ではないと思います。それが子宮内膜症や生理痛と関連していると
いうレポートもあります.

「魔法のナプキン」 角張 光子 地湧社 525円
市販の生理用品は、ほとんどが石油系の素材でポリエステル、ポリプロピレン、高分子吸収材、
吸収促進剤、デオドラント、香料など使われており、イギリスでは塩素漂白されたタンポンから
「ダイオキシン」を検出された。これが子宮内膜症を引き起こす大きな要因となる「内分泌撹乱
ホルモン(環境ホルモン)」となる。ある医学センターでは、膣内の粘膜から残留ダイオキシンが
吸収され、これが蓄積される危険性を指摘する。

ドイツの研究結果で「子宮内膜症の患者はダイオキシン類と同様の毒性を持つポリ塩化ビフェール類
の体内濃度が高い」

 こういう可能性もあるようです。脅しているわけではありません。最近は各紙ナプキン会社がコットンで
無漂白っていうのを出してますね。こういう研究結果があるからなのかと納得。ダイオキシンは50mプール
に目薬1滴落とした程度の濃度で、十分ホルモン攪乱作用があるからです。

ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議 
http://www.kokumin-kaigi.org/kokumin01_01.html

「ダイオキシンは、水にはほとんど溶けません。しかし脂肪にはよく溶けるので、体内の脂肪層に蓄積
されます。これが生体濃縮されて人間の体内に高濃度で蓄積されるのです。しかも、ダイオキシンは、
一たん吸収されるとなかなか体外に排出されません。一生のうちで、最も大量に排出されるのは、
何と胎盤と母乳を通じてなのです
。母親の体内に蓄積されたダイオキシンが、胎盤と母乳を通じて、わが子を
汚染するのです。さらに、その汚染は、環境ホルモン作用を介して、その子どもの生殖能力を蝕む
のです。さらに、母乳のダイオキシン汚染は、アトピー性皮膚疾患の発症に関係しているとの指摘が
なされています。厚生省は「因果関係は明らかでない」との態度を取り続けています..。」

 これはかなりショック・・。ダイオキシン・・聞きしに勝る・・。聞く言葉ですがよく知らないのが現状。

「塩ビ製品など有機塩素系化合物の燃焼過程で発生します。食品用ラップ、ビニール袋、プラスチック容器などの塩ビ製品は、現在の高度な燃焼方法を用いても、
ダイオキシンの発生をゼロにすることが困難なのです。日本は先進国のゴミ焼却炉の約7割を有する
「焼却大国」です。わが国の焼却施設からのダイオキシンの年間発生量は15キログラムと推定されて
います。これはドイツやアメリカの約40〜50倍の量です。わが国は世界最悪のダイオキシン排出国
なのです。」

 膣吸収だけでなく、ゴミとしての紙ナプキンももっと考えなくてはいけないのでは・・。紙ナプキン
もほとんどは石油製品を含みます。燃やす過程でダイオキシンが発生します。

女性1人が生涯で使う紙ナプキンの概算
5枚(1日)×5日(ひと月)×520回(28日周期、月経40年間)=13000枚!!!
    ー布ナプキンの本  ユーゴ(touta.主催)著よりー


 昔はどうしてたんだろうって思った事ありませんか? もちろん布だったそうです。心に残っているのは、
小説で母の鼻緒に落ちた生理の血を見て、少年らしい感受性を書いている物を読んだ事があります。

「昔の女性はできていた—忘れられている女性の身体に“在る”力」  三砂 ちづる   宝島社 1575円
 昔の女性は経血の流出をコントロールできていたとか、読み物としてとても面白く読めます。女性なら
1度は読んでいい本です。
 touta.主催のユーゴさんは、「布ナプキンの本 ユーゴ著 500円」の中で、著者の三砂ぢづるさんに
取材にいかれています。
http://www.touta.org/


 持ち歩きのzip lockを開けた時、浸けていたバケツの水を流す時、経血の匂いがします。他の血液より
もっと生臭い、独特の匂いです。この経血は、赤ちゃんを胎内で育てるために、女性の体内で集められた
もっとも新鮮で栄養豊富な血液です。それが不潔かな?と思うんです。健康な次の世代を作るための、
私たちの体にもともと備わっている機能。もっと自然に楽しくに快適に過ごせたら。女性で生まれたから
には、子供を産みたいし、だとしたら生理はとても大切でかけがえのない物だと思うんです。 

 
 次は、touta.を選んだ理由や、突撃レポート・ユーゴさんインタビューをUPします。

http://frowillo.shop-pro.jp/

b0181622_20402947.jpg
b0181622_20404997.jpg

[PR]
by frowillo | 2009-12-01 20:40 | frowillo-商品,インタビュー