カテゴリ:お料理  cooking( 6 )

豆乳かに&カワハギ鍋、雄町米100%備前幻 

 きょぉーは、冷えてますね〜。足下が冷え冷えしてます。明日は雪かもしれないそう。
こんな日は、出掛けずおうちでのんびりネットでもして、うちのサイトにも遊びに来て、
ついでにお買い物してってください(笑)。
Frowillo セレクトショップ

 こんな寒い日は、やっぱり鍋ですね。
先日うちでやった、豆乳かに&カワハギ鍋 がとても美味しかったのでご紹介。
b0181622_1461454.jpg

豆乳とカニって合う!

<作り方>
1.普通のお鍋のように、まず昆布を鍋の水に浸しておきます(3時間くらい)。
2.カニを軽く下ゆでし、半分に割る。
3.カワハギも軽く湯通し、ぶつ切り。
4.野菜ーネギ、キャベツ、豆苗、きのこなどをそれぞれ切る。
    (母は全て50度洗いをする)
5.弱火で鍋に火を入れ、沸騰する前に昆布を出す。
6.酒を軽く回し入れ、蟹とカワハギを沸騰した鍋の中に入れる。
7.煮えてきたら野菜をぶっ込む
8.ある程度煮えたら、豆乳を入れる。
9.白みそで味付け。
10.塩と胡椒で味を整える。

牛乳を入れた様なクリーミーさ! とっても美味しい!  
カニはもちろん、カワハギもしっかり縁の下から持ち上げてます。もちろんこの後は雑炊!!
b0181622_14185445.jpg

この雑炊もGood!!

そして、岡山の地産の酒を買ってきて、父と空けました。
b0181622_14263170.jpg

 しっかりした日本酒らしいお酒。鼻腔を通る香りで酔ってきそうな。。 
東の山田錦、西の雄町米といわれる、お酒用のお米。 

この雄町米というのは、すごくしっかり、どっしりした米だと思う。
お米の甘みがしっかり感じられました。


FROWILLO セレクトショップ frowilloをフォローしましょう にほんブログ村 ファッションブログ モード系へ
 ↓ CLICK ↑ 励みになります! 人気ブログランキングへ
[PR]
by frowillo | 2013-01-05 13:21 | お料理  cooking

ようやく念願の糠漬け!−ぬか漬け名人 Nukazuke(vegetables fermented in rice bran)

 ずぼら更新のFrowilloです。冷え込みが厳しくなってきましたが、いかがお過ごしですか?
Frowillo セレクトショップ

 ファッションブログのはずですが、今日は、、念願のこれ!!!
b0181622_16175953.jpg


 やーーーっと糠床を持ちました! 糠漬けって、私には絶対に向かない。
ずぼらだし、長期旅行に出るからすぐダメにする。。でも、いい物を発見。
ぬか漬け名人
b0181622_16215424.jpg

 糠どこが空気に触れないから、混ぜなくていいし臭いもしないと言う。。 
蓋を密着させて、空気に触れないようにします。筒部分に水など入れて重しに出来る。
b0181622_16232694.jpg


 でも糠漬けって、糠床の中の微生物が空気を食べて醗酵するもの。
原理に反しているのでは??? 
b0181622_16285537.jpg

 なので、結局毎日一回かき混ぜてます。糠の感触が気持ち良いので、苦ではない。
何より、出来映えが楽しみ過ぎて待てないほど。取り出す時のわくわくがたまらない。 

 思い立ったら吉日。糠から作って捨て漬けして一週間でようやく糠どこが。。ってのは無理。
待てない。
 でも最近は、既に出来た「熟成糠どこ」が売ってあるのです。いい世の中だ。
届いたらパックから入れるだけ。届いたその日から食べられる。熟練して来たら自分で一から作ってみよう。。。かな。

大好きなカブ。カブの糠漬け、美味しいですよねー。
よく浸かりました。ぬか漬け名人、なかなかGOOD JOB。
b0181622_16315866.jpg


定番の大根も。大根の糠漬けというか、お新香です。
水分が多いので、一晩切って陰干しします。 よく浸かった。
b0181622_16361822.jpg


 ぬか漬け名人なら、漬ける物がない時や休ませる時でも糠床を保てそうで決めましたが、
たぶん狙い通り。これなら続くかなー。


Frowillo セレクトショップ


frowilloをフォローしましょう

にほんブログ村 ファッションブログ モード系へ

 ↓ CLICK ↑ 励みになります!

人気ブログランキングへ
[PR]
by frowillo | 2012-01-17 22:12 | お料理  cooking

0活力鍋で玄米がもっちもち! 世界最高2.44気圧の圧力鍋!!

 やぁぁっと届いた! ゼロ活力鍋!
 圧力鍋、友だちに勧められて気になっていた。でも、洗うのが面倒そうだし、買うまでに
いたらなかった。最近、18年使っている炊飯ジャーがもう古すぎて、お米を炊いても美味しくない。
特に、私は雑穀玄米なので、全然美味しくない。

 美味しい玄米が食べたい! 調べたら、お米を美味しく炊くために開発されたと言う、この圧力鍋に
行き着いた。
0活力鍋
b0181622_11511083.jpg

 このゼロ活力鍋のゼロの由来は、0分料理。沸騰しておもりが振れたらすぐ火を止めて,
余熱でOK。豚の角煮も20分!
 おもりが2種類。白は白米を炊く専用のもの。玄米は15分! 普通の圧力鍋の半分から1/3短縮。
 さっそく雑穀玄米を炊く。時間がないから、浸けおきなしで、水多めで炊いた。
振れてる、振れてる。おもりが激しく振れてる〜。強く振れるまで、強火で一分かからない! 早い!
ここで弱火に。
b0181622_124985.jpg

b0181622_1242035.jpg

もっちもちで甘ーい!! 玄米ってこんなに美味しいんだ。幸せ。
b0181622_1205995.jpg


楽しくなってきた。活用しそうだ。

 そうそう、セレクトショップFrowilloでは、早めの最大30%OFF SALE開始! 
この機会をお見逃しなく!

FROWILLO セレクトショップ

frowilloをフォローしましょう

にほんブログ村 ファッションブログ モード系へ

 ↓ CLICK ↑ 励みになります!

人気ブログランキングへ
[PR]
by frowillo | 2011-11-23 11:25 | お料理  cooking

ガスオーブンでピザ


 実家のほとんどお無視されているシステムキッチンのガスオーブンで、初ピザに挑戦。
ガスオーブンだと強力なので、美味しくできると聞いて。
 生地捏ねるのって楽しいですねー。感触が良くて、たんだん弾力が出てくると育ってる感が
あって、嬉しい。発酵して膨れたのを見ると、かわいくてたまらない(でも食べる)。

強力粉250g、 砂糖大サジ1、 塩小サジ3/4、 ドライイースト小サジ1,
オリーブオイル大サジ2、 ぬるま湯(約45℃)160ml 

材料を混ぜて15分(室温が低かったので)ほど捏ねて。
1時間ほど発酵。
トッピングのチーズ3種、モッツァレラ/ゴーダ/パルミジャーノをのせて。
250度で10分ほど焼くのみ! 
b0181622_0553252.jpg

ベビーリーフとプロシュートを乗せて。


こちらはジャガイモのサラダ。ソースも簡単。
バターでみじん切りしたタマネギをしなるまで炒めて。
あら熱をとったら、バルサミコ酢(白)、オリーブオイル、塩、胡椒、生クリーム(少し)を入れるのみ。
b0181622_122092.jpg

クレソンを添えて。

あとボロネーゼも作って。

私のデイリーワイン CUMAもこの日は一段と美味しかった。美味しいのって、幸せ。

http://frowillo.shop-pro.jp/
[PR]
by frowillo | 2010-02-05 01:09 | お料理  cooking

肉肉しく

 生理前なのか、普段は見向きもしないお肉が食べたくて食べたくて。。ちょうど半額でいい砂肝が売っていたので、買ってきました。冷蔵庫にアスパラが余っていたので、アスパラと炒める事に。
 
 砂肝は硬いところを火が通りやすいように、2−3に切り、塩こしょうと酒をかけ少し置く。アスパラは適当に切る。
ニンイクをみじん切りして、フライパンに油をしきパラッとまく。
テンメンジャン/味噌/豆板醤/ごま油/醤油 すこーし/みりん/鷹の爪/など

美味しかったです♪   ご飯がおいしいのは、大切ですね。
[PR]
by frowillo | 2009-06-18 03:09 | お料理  cooking

食事は大事

 親知らずを抜いて、ようやく回復し腫れも引いてきました。ようやく普通のものが食べられる! でもご飯はまだちょっと無理。今日はお雑煮にしました。お正月に母から送られてきたお餅が、大量に冷凍してあって、冷凍庫がいっぱいで、他のものが入らない。少し消費していかないと。1人暮らしに2升も送ってきてくれて。。ありがたいけれど、うちの冷凍庫の大きさを、母は知らない。 どうしても酢の物が食べたくて、ごく薄くスライスしたきゅうりと、わかめを買い忘れたのでめひび(とろろわかめ)を合わせました。さっぱりして美味しい♪  

 Kaosのお箸で初めて食べてみました。KaosはPARISやN.Y.にも卸しているので、外人さんにも合うようにしてあるのか、サイズが少し大きいかもしれません。男箸サイズです。でも、かわいいからOK。  

http://frowillo.shop-pro.jp/b0181622_2133341.jpg
[PR]
by frowillo | 2009-06-14 02:16 | お料理  cooking